(1908-1981)
当倶楽部のコース設計者 井上誠一氏はわが国のゴルフコース設計者中の
第一級のベテランとして50年近くコース設計に情熱を傾け、
国内はもとより海外のコースも手がけられました。
当倶楽部コースもその作品の中の優れたものの一つであり、
当倶楽部が関西のコースの中で好評を頂いているのは井上氏の手腕によるところが多く、
その意味でも井上氏は当倶楽部の功労者といえます。

当倶楽部は井上氏が最も油の乗ったといわれる昭和33〜34年に情熱を傾注して頂いた
ものであり、記念行事に来場ラウンドされた時も「どこも手直しするところはない」と
氏にとっても非常に満足できる作品であったことがうかがえます。
コース設計家への道
井上誠一氏は明治41年8月1日、東京・赤坂の眼科医の長男として生まれました。
井上氏がゴルフコースの設計を志すようになったのは、旧制高校時代、病気療養のために訪れた
静岡県川奈でのゴルフとの出会いがきっかけでした。当時、川奈ゴルフ場では新しいコース造成
のために、イギリスから設計士がやってきていました。井上氏は、彼の仕事を見ながら、「これは
面白そうだ。僕もやってみよう。」と思い立ちました。このとき、井上氏は21〜22歳。
ちなみにこの設計士は、日本に"アリソン・バンカー"の異名を残した、世界的にも有名なチャールズ・
H・アリソン氏でした。

ゴルフ場造りの最初の仕事は、「霞ヶ関カンツリー倶楽部西コース」。以降、73歳の生涯を閉じる迄の
約50年間に国内38コース・海外2コースの設計に携わりました。
ご覧になりたい項目のボタンをクリックしてください
参考文献:井上誠一のコースデザイン(一季出版兜ス成3年2月発行)より引用
      P26-29・P33・P51-53・P56-70






(C) Copyright, HIRAKATA COUNTRY CLUB. Co.,LTD. All Rights Reserved